色々な形で飛行体験ができるヘリコプター

  • 旭川エリアを支えているドクターヘリとは

    • 日本は世界の中でもトップクラスを誇る長寿国として知られています。

      医療技術の進歩や医療保険制度の充実、地域による違いはありますが、医療機関の普及などによって病気に罹ったり怪我をしても病院に行くことで適切な治療を受けられるようになっているのです。

      旭川 ドクターヘリを利用してみる価値はありますよ。

      とはいえ交通事故をはじめとする様々なアクシデントに遭遇した際に、命に関わる重大な怪我などをした場合には一刻の猶予も無い状況のケースがあります。

      どれだけ高い医療技術があったとしても、治療が迅速に行える環境と適切な処置を行う事が出来る医療機関へ早急に搬送することが命を繋ぐためには大切なのです。

      このようなニーズに応えるべく日本でも導入されたドクターヘリは救命救急の機材や資材をヘリコプターに装備して医療機関内に待機しており、要請を受けると救急医療の専門医と看護師をその現場に直ちに搬送して一刻を争う治療の開始を早急に開始すること、治療後に適切な医療機関に迅速に搬送することが可能になります。
      一刻を争う重症患者がいる現場に迅速に医師が搬送されて治療を開始できることは、助けられる命を増やし後遺症等の不安を減少させる効果もあります。
      北海道においては道北地区をカバーしているドクターヘリとして、基地病院の旭川赤十字病院の屋上にヘリコプターが待機しています。



      要請から3分以内に離陸して救急現場に向かい、究極の救急医療のデリバリーシステムとも言われています。

      ドクターヘリは救命救急センターを有する医療機関しか運行できないため、道北唯一の救命救急センターである旭川赤十字病院の役割は非常に大きくなります。



      旭川だけで無く道北エリアを対象として運行しているために、その広域なエリアをカバーするためにはそのエリア内に給油可能な場所を必要としており、様々な市町村の協力があってこそ成り立つのです。


top